元に戻る

USで$200.00前後で販売されているPCPを紹介しております 
  USサイト 
 
Caliber 0.177" (4.5mm)
Max Velocity 800 fps
Loudness 3-Medium
Barrel Length 20.39"
Overall Length 36.88"
Shot Capacity 12
Barrel Rifled
Front Sight Fiber Optic
Rear Sight Adjustable
Scopeable 11mm dovetail
Trigger Single-stage
Buttplate Plastic
Suggested for Plinking & target practice
Action Semiautomatic
Safety Manual
Powerplant Pre-charged pneumatic
Function Repeater
Trigger Action Double-Action
Max Shots per Fill 60
Body Type Rifle
Fixed/adj. power Fixed
Weight 3.69 lbs
最近派手なデビュー機種が多いメーカー
歴史は古く、USでの手軽な価格帯で知られております
パワーは、比較的ハイパワーなポンプ銃程度
質量は2kg以内と軽く、USでは子供達にとって
.22リムファイヤーへの入門 銃でしょう
セミオートですが、今までこの種のAirは
すべてガス銃でしたが、一部構造を変更してのPCPと
なっております
従って、シリンダーはガス銃と同径、同程度となり、
充填圧は必然的に150kg程度となり、
手押しポンプでも無理なくスムーズな操作が可能
   
 
USサイト
Caliber 0.22" (5.5mm)
Max Velocity 850 fps
Loudness 4-Medium-High
Overall Length 39.0"
Barrel Rifled
Front Sight Fiber Optic
Rear Sight Fiber Optic
Scopeable 11mm dovetail
Trigger Two-stage adjustable
Buttplate Rubber
Suggested for Small game hunting/target practice
Action Bolt-action
Safety Manual
Powerplant Pre-charged pneumatic
Function Single-shot
Max Shots per Fill 50
Body Type Rifle
Fixed/adj. power Fixed
Weight 6.8 lbs
ベースになっているのは、言わずと知れたQB78
USでは、 やはり殆どの時代をガス銃として存在
していたが、BeemanがPCPとして、一つのブランド
デビューを果たしたようです
昔から改造されており、改造のための空気銃の
存在価値が定着しており、この銃専門の
改造部品メーカーまであります
見ての通り、昔風の単純単発に徹底しており
従って、何となくライフル感が在るので
多くのファンが今でも多いのでしょう
勿論、その低価格が一番の人気要因
 
 
 
USサイト
 
 
Caliber 0.22" (5.5mm)
Max Velocity 850 fps
Muzzle Energy 23 ft/lbs
Loudness 4-Medium-High
Barrel Length 26.25"
Overall Length 41.7"
Shot Capacity 1
Barrel Rifled
Front Sight Fiber Optic
Rear Sight Fiber Optic
Scopeable 11mm dovetail
Trigger Single-stage
Buttplate Plastic
Suggested for Small game hunting/plinking
Trigger Pull 3.75 lbs
Action Bolt-action
Safety Manual
Powerplant Pre-charged pneumatic
Function Single-shot
Max Shots per Fill 20
Body Type Rifle
Fixed/adj. power Fixed
Weight 5.0 lbs
Cylinder Size 135 cc
 
昔風の雰囲気を醸しながら近代感
同程度の価格帯の中では一番洗練された設計
個人的にも、改造してみたいと思った逸品
前者同様同径シリンダーなので、やはり似たような
性能を示しております
 
 

所見

今回は、元々ガス銃だったものが、PCPへ格上げされたAirを紹介しております
従って、氏レンダー径がガス銃並みであり、耐圧も150kg程度となっております
$200.00前後の価格と言うことは、特に現在においては子供の玩具レベルと
一応考えた方が無難と言わざるを得ません
それは、一概に性能悪く安っぽいと言い切ってしまうのではなく、
日本人のきめ細かな感覚で、事に最近の高級銃を目にしている環境においての話であります
メーカー側の経済的事情を察すると、どうしても中国からの後押しの影が否めないが、
そうだとしても、中国自身にも幾分かの誇りと責任を持たざるを得ない
世界的事情も在りそうなので、昔ほどの安かろう悪かろうは薄れていることを
望みたいものであります

また、各性能については、USサイトをご覧になることによって、
その性能を理解されれば幸いです

CTC:山口 090-1696-2186
空気銃狩猟百科・複製本も宜しくお願い致します